サラシアが配合されたサプリやサラシア茶など、話題の「サラシア」を使った商品が多く販売されるようになってきました。

血糖値の上昇を抑える働きだけでなく、美肌などの効果も期待できるサラシアですが、味がいまいちだったら飲むのはキツイですよね。

今回は、サラシアの味について調べてみました。

サラシアって何?

サラシアは亜熱帯地域の森林に広く自生している植物で、昔から、薬効に優れているという理由で、病気の治療などに役立てられてきました。

サラシアを摂ると糖の分解をするα-グルコシターゼの作用が抑制され、余分な糖が吸収されにくくなるため、血糖値の上昇を抑制する働きが期待されるのです。

スポンサーリンク

サラシアはどうやって摂る?

サラシアが含まれている商品には、次の3つのタイプがあります。

・粉末

・お茶(サラシア茶)

・粒やカプセル(サプリメント)

それぞれの特徴や味に関する口コミをご紹介しましょう。

粉末は独特の臭いがあって苦い

天然の状態のサラシアがパウダー状に加工されているので、有効成分を吸収しやすのが魅力です。

ただ、薬草のような独特な香りがあり、味はやや苦めです。

水やお湯に溶かすだけでは摂りにくい場合は、別の飲み物や料理に混ぜたりするとよいでしょう。

サラシア茶はブレンドがおススメ

サラシア茶は草や土のような香りで、サラシア茶だけでは少々苦みがあります。

苦手な場合は、他のお茶とブレンドすると飲みにくさが緩和されるでしょう。

サラシア茶の味に関する口コミ

 

美味しくはありません

初めて飲んだ時の感想はマズっ。

土?木の根っこ?の臭い??

2、3日飲んでストップ・・・

でもせっかく買ったし!体にもいいものだし!

と思いもう1度飲み始めました。

皆さんおっしゃる通り慣れてこんなものかな?と飲めるようになりました。

お通じやダイエット、血糖値までの効果はよくわかりませんがなくなるまで飲み続けてみます。

 

 

ごぼうのような香り

飲んだ初日からドバっと出ます!

香りはごぼうのような気のような香りがします。味はくせもなく飲みやすかったです。

 

 

飲みやすい

スゴイ!飲みやすい

 

 

サッパリして後味も気にならない

ノンカフェインが気に入りました。

お茶の濃さも自分の好みで変えられて、私は10分くらい煮出したものを

飲んでますが、サッパリして後味も気にならないです。

夏は冷やして飲むと何杯でも飲めちゃいます。おすすめですヨ♪

サラシアサプリ(粒・カプセル)はほぼ無味無臭

粉末やお茶に比べると、粒やカプセルタイプはほぼ無味無臭なので、味や香りが苦手な人にはサプリメントがおススメです。

ただ、中にはそれでも独特の香りに抵抗を感じる人もいるようです。

サラシアサプリの味に関する口コミ

 

クセのない味

糖尿病の通院と薬は服用していますが、サラシアを取り入れました。

クセのない味なので食前に飲んでいます。前回の検査では、240もあった血糖値が正常に戻ってきているようだとお医者さんが驚いていました。

 

 

独特の香りで手軽には飲めない

口に入れた途端に独特の香りがして水を飲むとすぐに溶けているかと思うくらい香りが強くなるので毎日手軽に飲めるものではなかったです。。。

ダイエットと血糖値安定効果を期待して飲みますが。。。

 

サラシア入り牛丼まで登場!そのお味は?

サラシア人気の勢いはとどまることを知らず、とうとうサラシア入りの牛丼まで登場しました!

その名も「サラ牛」(サラシア牛丼)。

この「サラ牛」、特別に糖質量が少ないわけではなく、サラシアがタレで使用されていて、サラシア効果によって血糖値の急激な上昇を抑えてくれる機能性表示食品です。

その味に関する口コミは

サラシア牛丼食べてみた。まったく通常のと区別つかない

 

そういえば今日のお昼は吉野家さんのサラシア牛丼というのを食べた

味は普通の牛丼とほとんど変わらない気がしたけど(というか、よく分からない)なんかヘルシーらしい

 

サラシア牛丼は、普通の牛丼と変わらぬ味のようですから、「肉は食べたいけど、血糖値が気になる」という方は、サラ牛…いいかもしれないですね。

まとめ

サラシアは、その摂り方によって香りや味が変わってきます。

人によってニオイや味は感じ方が違うので一概には言えませんが、粉末の場合は、その苦みが少々きつそうです。

飲み物や料理に混ぜて摂取するなど、工夫することでその苦みを感じないようにすることは可能ですが、どうしても味や香りが気になる方は、サプリメントで摂るととりやすいでしょう。

また、お茶で飲む場合も、他のお茶とブレンドしたり、キンキンに冷やすなどで飲みやすくなるようです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事