イヌリンとHMBは、食事制限や運動が苦手な人でも、飲むだけで血糖値対策や腸内環境の改善、筋力アップができる!と注目されているサプリメントです。

イヌリンとHMBに配合されている成分は自然由来のものばかりですが、副作用の心配はないのでしょうか?摂っては危険な人はいないのでしょうか?

今回は、「イヌリンとHMB」の副作用について、徹底調査してみました。

イヌリンに副作用はあるの?

まずはイヌリンの副作用について調べてみました。

過剰摂取は下痢やおならの原因に…

イヌリンは、菊芋やゴボウに含まれる食物繊維の一種で、血糖値の上昇を抑えたり、ダイエット効果が期待されています。

自然由来の成分のため、副作用はあまり考えられませんが、過剰に摂取すると次のような症状が出る可能性があります。

・腸内にガスがたまる(おなら)

・下痢

・下痢がひどくなることによる脱水症状

アレルギー・アナフィラキシーショックにも注意!

イヌリンは、人によってはアレルギー症状を起こす場合があります。

また、アナフィラキシーショックの事例も報告されている成分でもありますので、アレルギーのある方は注意が必要です。

また、妊娠中・授乳中の方は、安全性が報告されていませんので、摂取は控えた方がいいでしょう。

イヌリンの副作用に関する口コミは?

イヌリンを飲んだ方の口コミの中に、副作用に関するものがないか確認したところ、数は少ないですが、次のような口コミが寄せられていました。

 

ガスがすごい

便秘解消に購入しました。

が、ガスが…ものすごいですけど、肝心の便が…。

もう少し続けてみようと思います。

早くすっきりしたいです(つд`)

体質によりますが…

玄米や野菜中心の生活ですが働き始めて、緊張しやすい性格で休日にしか便がでなくなってしまいました。体重もふえてしまい、万策つきたところにイヌリンを知りました。さっそく購入して飲み始めました。量は一回10gくらいです。飲んだとたん鼻水がでましたが、花粉かな?と思い気に留めませんでした。飲んだ日は必ず排便がありました。おなかも痛くならず、ゆるくもなくとてもいい感じでした。毎日便が出るって本当に幸せだなあと思いました。しかし、鼻水はどんどん出るばかりで、アレルギー鼻炎の薬も効かなくなるくらいくしゃみがとまらなくなり体がすごくだるくなってしまいました。5日ほど飲んだところで服用をやめました。わたしの体質にはあわなかったようです。身体にとりいれるものなので、ひとそれぞれ注意深さが必要だと痛感しました。

 

スポンサーリンク

HMBの副作用は?

次に、HMBの副作用について調べてみました。

大量に摂取すると肝臓や腎臓に負担

HMBには、たんぱく質の同化促進や分解解抑制効果により、筋肉量の増加や筋肉量減少を抑える効果があることが確認されています。

HMBは肉類や野菜類などの一般的な食材にも含まれているため、基本的には副作用の発生はあまり考えられません。

ただ、一度に大量に摂取すると、肝臓や腎臓に負担がかかるため、摂取量には注意が必要です。

厚生労働省が高齢者に推奨しているHMB摂取量は1日3gです。ですから、1日3gまでなら副作用の心配はないと言えそうです。

HMBの副作用に関する口コミは?

HMBの副作用に関する口コミを探してみましたが、HMBの摂取で体調不良になったなどの口コミは見つかりませんでした。

サラシアの副作用は?

イヌリンとHMBにはサラシアも配合されています。

そこで、サラシアの副作用も調べてみました。

過剰摂取すると腹痛の可能性も

サラシアは、インドのアーユルヴェーダで薬効を有するハーブとして用いられてきたものです。

その効能には、血糖値の上昇抑制、糖尿病の予防ですが、過剰に摂取すると次のような副作用の可能性が報告されています。

・腹痛

・吐き気

・げっぷ

・下痢

・腹部膨満感

妊婦や糖尿病治療中の人は注意が必要

サラシアの動物実験では、妊婦への悪影響が報告されています。

また、サラシアは血糖値の上昇を抑える作用があるため、血糖降下薬を飲んでいる方は低血糖を起こすことが考えられます。

そのため、妊娠中の方、授乳中の方、糖尿病治療中の方が摂取を希望する場合は、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

サラシアの副作用に関する口コミは?

サラシアサプリを飲んだ方の口コミは、効果があった、やせた、といった喜びの声が多いみられましたが、中には数は少ないですが、次のような副作用かと思われる口コミも寄せられていました。

トイレに駆け込んだ

友人と一緒に海外旅行に行くことになり 水着を着るので短期間で痩せるために サラシアサプリを使いました 飲み始めて3日目にすごい腹痛が起き トイレに駆け込んだら大量にお通じが・・・ かなりビックリしたけど これで痩せられると思って 初めはちょっと嬉しかったです ただそんな日が結構多くなり しっかりと食べているのに だんだんとやつれていくような感じで ちょっと怖かったですね 結局1か月で5kgも痩せてしまい 首筋とかがかなり貧相な感じになったので 使用を中止しました 1日2粒の摂取でこの結果なので 用法・用量は絶対に守ったほうがいいと思います!

お腹が張る

1週間試してやめて、また1週間飲んでみましたがやはり同じ症状が出ます。お腹が張って苦しく食後は特に辛いです。わたしの場合、便秘になりとても続ける事が出来ませんでした。

(中略)

念のためまた続けてみましたが、身体が慣れたせいか便秘やお腹の張りがなくなりました。これは続けられると思いもう一度購入し、今も続けて飲んでいます。これといって変化はわかりませんが、悪い症状は出ていません。

 

過剰摂取には注意

それぞれの成分の副作用を調べてみると、どの成分も過剰摂取しなければ、副作用の心配は低いことが分かりました。

ただ、妊娠中・授乳中の方、糖尿病の治療中の方は、医師に確認してから摂取するようにしましょう。

イヌリンとHMBの成分を再確認

最後に「イヌリンとHMB」に含まれている成分について改めて確認しておきましょう。

イヌリン

イヌリンは、自然界でさまざまな植物によって作られる、天然の多糖類の一種で、イヌリンには

・糖尿病を予防する効果

・腸内環境を整える効果

・ダイエット効果

が期待されます。

HMB

HMBの正式名称はβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸という長い名前です。

必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質のひとつで、HMBに筋肉増強効果や筋肉減少抑制効果が発見されています。

サラシア

サラシアは、ニシキギあるいはデチンムル科、サラシア属のつる性植物の総称です。

血糖値上昇を強く抑制するなどの糖尿病予防効果だけでなく、ダイエットや美肌効果といった美容効果が期待されている植物です。

ビワ茶

ビワの葉に含まれているアミグダリンは、体内で分解されるとガン細胞を攻撃すると言われている他、タンニン、サポニン、クエン酸などは、滋養強壮、疲労回復、ダイエットなどの効果が期待されています。

アイスプラント

アイスプラントは、南アフリカ原産のハマミズナ科メセンブリタンテマ属の多肉植物です。

アイスプラントい含まれているミオイノシトールには、中性脂肪を抑える働き、内臓脂肪を減らす効果が期待され、ピニトールには、血糖値を下げる働きがあるため、揚げ物や脂っこい食事を好む方、糖が気になる方にはうれしい食材として注目されています。

桑の葉

桑は、葉だけなく、枝や根の皮,桑の実などが漢方薬として古くから使われてきました。

桑の葉に含まれるDNJ(デオキシノジリマイシン)には、ブドウ糖の吸収をゆるやかにして血糖値の上昇を抑える働きがあります。また、フラボノイド類や食物繊維には、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、動脈硬化を予防が期待されます。

公式サイトなら初回1980円!

イヌリンとHMBは、発売間もないため、確実に入手できるのは今のところ公式サイトのみです。

単品で購入すると、1か月分で5,700円と、手軽に購入できる価格とはいえませんが、トクトクコースを申し込むと、1回目は65%FFの1,980円。2回目以降も30%OFFで購入することができます。

ただし、65%OFFになるのは、WEB限定!毎月先着500名までなのでご注意ください。

商品 価格(税込み) 送料 支払方法
イヌリンとHMB

単品

 

1袋

186粒(約31日分))

5,700円

(全額返金保証対象外)

送料500円 ・代引き(手数料315円)

・クレジットカード決済

・後払い(請求書同封)

Amazonアカウントで支払い

トクトクコース

 

毎月1袋

 

初回

5,700円→

65%OFF

1,980円

2回目以降

30%OFF 3,980円

(10日間全額返金保証)

送料無料 ・クレジットカード決済

・Amazonアカウントで支払い

 

※単品は10日間全額返金保証の対象外です※トクトクコースは、4回以上の継続が必要ですが、5回目以降はいつでも休止・停止できます。

↓こちらからお得に購入できます。

まとめ

「イヌリンとHMB」に含まれる成分は、自然由来の成分のため、基本的に副作用はほとんどないと思われます。

ただ、どんなサプリメントもそうですが、効果をすぐに感じたい!と決められた容量を守らず過剰摂取するのは危険です。

また、糖尿病治療中の方は、血糖値が下がりすぎる(低血糖)可能性もありますし、妊娠中の方は、悪影響がでたという動物実験も報告されていますので、摂取を希望する場合は、必ず医師に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事