ラクビ(LAKUBI)について、効果抜群だとか、副作用はないだとか、良いことばっかり見るけれど、本当なの?と疑っている方も少なくないはずです。

そこで、その疑いにお答えするため、ラクビの成分を一つづつ確認してみます。

今飲んでいる方も、どんなものが入っているのか、確認してみるとなにか新発見があるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください。

ラクビの主要有効成分は?

まずは、ラクビの有効成分として紹介されている成分からご紹介します。

酪酸菌

ラクビの売りともいえる成分です。

近年、身体の健康に大きな影響を与えていることが判明している、短鎖脂肪酸を生成する能力があります。

体内フローラという意味では、短鎖脂肪酸が増えると、悪玉菌の活動を抑止し、善玉菌と悪玉菌の比率を好ましいものにしてくれます。

オリゴ糖

体内フローラを構成する善玉菌も生き物です。

生き物である以上、食べるものが必要ですが、その食べるものがオリゴ糖です。

酪酸菌や、後から紹介するビフィズス菌と組み合わせることで効果を発揮する成分です。

サラシアエキス

サラシアエキスの直接的な効果は、小腸での糖分の吸収を抑えることです。

小腸で吸収されなかった糖分は大腸に回されます。

すると、大腸で活動している善玉菌は、その糖分をエサにすることにできます。

オリゴ糖を有効活用するために大切な成分です。

レジスタントプロテイン

レジスタントプロテインは成分リストでは酒粕発酵物という分かりにくい名前で表示されています。

これは、プロテイン、つまりたんぱく質ですが、植物繊維と同じ働きがあります。

つまり、腸を綺麗にすることができるのです。

ビフィズス菌B-3

乳酸菌の一つであるビフィズス菌がラクビには入っています。

しかも、ラクビに入ってるのは、日本屈指の乳酸品メーカーである森永乳業が長年の研究の結果、現時点で発見されている中では、もっともダイエット効果が高い乳酸菌と結論付けた、ビフィズス菌B-3です。。

スポンサーリンク

その他の成分は?

上では主な有効成分をご紹介しましたが、有効成分だけでラクビは成り立っていません。

ラクビ本体を包むカプセルなど、飲みやすくするために必要な成分や、有効成分が劣化するのを防ぐための添加物もあります。

そういった成分をここからはご紹介します。

麦芽糖

マルトースともいわれる麦芽糖ですが、水あめの主成分として知られています。

この麦芽糖は、しっかり甘みが味わえるのに、普通の砂糖よりも低カロリーという便利な特徴があります。

この特徴から、甘いのに低カロリーが売り文句のダイエット食品によく使われます。

また、ビタミン類が変質して劣化するのを抑える役割もあります。

澱粉

澱粉といえば、ジャガイモのイメージを持つ方もいるかもしれませんが、お米の粘り気の元でもあります。

その粘り気を利用して、お米を糊として紙をくっつけたりしたそうですが、ラクビでも上でご紹介した有効成分を固めて固形にする“ツナギ”として使われているようです。。

もちろん、無害なものです。

デキストリン

デキストリンは糊精とも言いますが、澱粉が水と化学反応を起こすことで生まれる成分です。

元の澱粉同様に、有効成分を固めて固形にする“ツナギ”として使われているようです。

澱粉と水の組み合わせで生まれるデキストリンも無害なものです。

ゼラチン

ゼラチンは、カプセル部分の主な成分ですね。

当然、カプセルに使われるくらいですので、ゼラチンには副作用はありません。

ラクビを飲みやすくしてくれる縁の下の力持ち的な、大切な存在です。

トレハロース

意識していない人が多いと思いますが、トレハロースは化粧品やお菓子にも使われていることが多く、非常に身近な物質です。

トレハロースは保水性が高く、澱粉の劣化や、そのほかの成分が変質するのを防ぐ目的でラクビに入っています。

トレハロースはいわゆる食品添加物の代表的な存在ですが、厚生労働省や国連の組織である世界保健機関にも保障されていない安全な物質です。

ステアリン酸カルシウム

錠剤は有効成分の粉を型にはめた上で、圧力をかけて錠剤にするので、ステアリン酸カルシウムは物体の表面を滑らかにするので、その際、ステアリン酸カルシウムが入っているとスムーズに型に流れこんでくれるようになります。

また、できた錠剤を型から抜く際も、スムーズに抜けるようになるので、型を使って薬を作る際は、必須となります。

もちろん、安全なものです。

リン酸カルシウム

リン酸カルシウムもラクビの“つなぎ”、いわゆる乳化剤として使われます。

本来、水と油は混ざらないものです。

しかし、リン酸カルシウムは水と油が混じるように、仲立ちする働きがあります。

水分は水分、油分は油分で偏らないようにする目的でリン酸カルシウムを加えるのです。

リン酸カルシウムの安全性ですが、お子さんが使うクレヨンにも使われるほど、安全性の高いものです。

微粒酸化ケイ素

微粒酸化ケイ素という名前だとなんのことやら、わからないと思いますが、別名は非常に有名です。

その、有名な別名とはシリカゲルです。

つまり、乾燥剤ですが、ラクビに入れたて入れているものではありません

湿気でダメになる成分を保存するときに、少量混ぜるそうで、その成分を使う際に取り除きます。

しかし、細かくなり過ぎて、全て取り除ききれないこともあるので、成分として表示されているそうです。

「シリカゲルって、食べられないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、身体の中で吸収も分解もされず、便として排出されるので問題ありません。

もっと言えば、無害な物質でなければ、食品と一緒の袋に入れられません。

まとめ

今回はラクビの成分を一つ一つ見ていきました。

無害だ、副作用はない、と書いてあるけれど、本当にそうなの?と思っていた方の疑問が、無事、解決すれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事